昨日できた、今日もできた。だから明日も大丈夫。


こんにちは。

今日は日差しが暖かく、夏も近いのかな?という陽気ですね。

昨日は授業を受けれず、朝の挨拶と適応指導教室への見学へでかけました。疲れているみたいだったので、明日以降の生活に不安がありました。

でも、息子のハルは朝早くから起きてこっそりゲームをしていました。

いつもはなかなか起きれないハルですが、私より早く起きて「おはよう」と言ってくれました。

あまりにも普通すぎてびっくりしましたが、何か月振りの寝起きの良さだったんじゃないかな。

今日の学校生活のことで話し合う

いつものことですが、頃合いを見て「今日はどうする?」とハルに聞きます。

嫌な顔を一瞬しますが、答えが出ないときは私から提案してみます。

「あいさつしてから1時間目受けていくのはどう?」とか。

いつも挨拶することを前提で話を進めます。

そうすると、

ハ「理科の授業を受けたい」

と返事が返ってきました。

私「理科?数学が1時間目だから数学でもいいんじゃない?」

ハ「数学はもう自信がついたから、理科が気になる」

私「理科は4時間目だけど、途中からでも大丈夫?一旦家に帰ってくると行きたくなくなっちゃうと思うけど?」

ハ「もし、行きたくないって言ったら無理やり外に出していいから」

私「無理やりはちょっとママにはできないなぁ(^^;」

ハ「今日は理科受けるから」

と何度か相談して、4時間目の理科の授業を受けることになりました。

私としてはやっぱり数学が2回行けたので、もう少し連続で授業に参加してほしかったのですが、今日のハルは理科を受けると譲らなかったので、朝の挨拶をして帰宅した後にもう一度学校へ行くことになりました。

私が数学をハルに進めたもう一つの理由があって、一旦家に帰ってしまうと、ハルの気持ちが変化してしまう事を何度も経験しているからなんです。

家で時間になるまで待っていると、行きたくない気持ちが強くなってしまいます。

今、行く気になっているのなら、その気持ちが変わらない内に連れていきたかった。

 

学校へ挨拶をしに行って帰宅

一旦帰宅します。

理科の授業が始まるのが11時55分。それまで家で待機です。

家で待っている間も、ハルは何やら言っています。

「今日はいけないって思う気がしない」

「行けれる」

と自分で自分の心を確認していました。

出かける前のひと騒動

出発の15分前になって、用意がちゃんとカバンに入っているのか確認します。昨日用意していたので入っているとは思いながら、理科の用意や提出物を見直しました。

が!

昨日やっているはずの宿題が途中までしかやっていなかったのです!

宿題については必ず出させていたので、出発ギリギリなのはわかっていましたが、さぼったことへのお説教をしてしまいました…(-_-;)

昨日、「宿題終わってるよ」の言葉を信じてしまったので、ちゃんとノートの中身まで確認していませんでした。

この出発ギリギリの時間でお説教をしてしまったので、行く気がなくなってしまうことになりかねません。

私も自分に対してこのタイミングの悪さに「あぁ…やっちまった」って思いました。

でも、どうしても譲れませんでした。

皆が授業を受けている間、ハルはゲームをしています。

せめて毎日出されている宿題は最低限やるべきで、十分にできる時間があるんです。

勉強が苦手とはいえ、出されている宿題は難しいものではなく、本当に誰でもできる内容のものです。

ハルは一気に機嫌が悪くなりました。

それでも私は、言っていることは間違っていないとハルに強く言って、時間ギリギリまで宿題をやらせました。

時間がなく、最後まではできませんでしたが、理科の授業へ急いで連れて行きました。

私にお説教された状態でしたが、ハルは何も言わずに理科の授業を受けに行きました。

4時間目の前に学校に着く

学校に着くと職員室へ行きます。

そこから学年主任の先生と話をすると、自分で教室まで行けると言って一人で歩いていきました。

そのあと、皆と給食を食べていると連絡をもらい、給食後に帰りました。

5時間目も受けていきなよと先生に説得されたようですが、帰ると言って自分の気持ちを変えなかったようです。

この、自分の気持ちに正直なのは本当にすごいと思いました。

なかなか途中で帰るなんて言えないですよね?

明日は数学を受けると自ら教えてくれました(*^^*)

 

今日もまた一歩進むことができました。

さて、今日からテスト週間にはいります。ハルは全く授業を受けていないので、何をやらせたらいいのか不明です。とりあえずは皆が提出する問題集を私と一緒にやることになりそうです(^^;

自信ないな~。一緒に勉強ですね。

 

最後に

今は当たり前のように「学校へあいさつをしに行く⇒授業」という流れができてきました。

ここに来るまでには授業に受けれるようになるのはこの先もうないのかもしれない。

毎日息子との駆け引きみたいなやり取りが一生続くのだろうか?

不安と挫折感、なんでうちの子がという思いが常に付きまとっています。今もその気持ちはありますが、以前よりは心も落ち着いてきています。

毎日できていることに目を向け、できたことを喜ぶ。できなかったことは、また一歩ずつ進めばできるようになる。

心療内科の先生がおっしゃってくれた言葉があります。

昨日できた、今日もできた。だから明日も大丈夫。」

本当にその通りだと感じています。

ハルにも自信になってくれればと、できていることを伝えます

「あれもできて、これもできた。こんなにできたんだから大丈夫」と。

ハルだけでなく、私もこの言葉のおかげで勇気づけられています。

 

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 このブログを応援する


クリックだけで共感・応援できます

応援していただけると励みになります


スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA