不登校の欠席連絡。昨日ようやく”毎日”をやめました。


今までは中学校の長男と小学校の次男の2人分の欠席連絡を毎朝していました。

長男の場合は小学校6年3学期から9か月間。

次男は今年6月から4か月間。

本来なら学校へ行かなくなって完全に外で出る様子がないなら、先生と相談して毎日電話することをやめればいいんだけど…。

先生も親も両方が負担になることは分かっているのに、私は電話連絡をずっとやめれませんでした。

たぶん、少しでも学校とつながりを持っていたいと言う私の思いがあったからなんじゃないかなって思っています。

次男のフリースクールがきっかけ

なぜ、今になってやめたのかと言うと、次男がフリースクールへ行くことになって学校へ欠席の連絡をしなくてよくなったからです。

それに、別室登校中だった次男は毎朝先生に今日は何時に行きますと打ち合わせをしていたので、その相談もする必要がなくなったのです。

今までは、行くときも、行かない時も毎日電話していました。

担任の先生との相談の末、学校へたまったプリントを取りに行くときや、次男の様子と伝るために電話する曜日を決めました。

 

長男の場合の欠席連絡

長男ハルの場合は、先生と電話でもいいから話せるようにときっかけ作りで毎日電話していました。

先生からいきなり電話がかかってくると慌てている様子があったので、電話はほとんど私からです。

電話している途中でハルが電話で話したいという素振りがあったりして、何度か先生と話した経験があります。

ハルが先生と電話で話したのは数えるほどしかありませんでした。それでも、私は電話をやめる事でその機会を失うのが怖いと感じていました。

毎朝ほぼ同じ時間に電話をかけ、「今はまだ起きてきてないのでリビングにいません。(昨日の様子を話す)」と言った内容です。

先生の空いている時間を聞き、ハルが先生と話したいという事があった時の為に準備する毎日でした。

最近では朝、先生に連絡する時間にハルの姿を見る事がほとんどなくなり、(起きて来ない)朝電話する必要がないと感じていました。

先生も朝一番の忙しい時間帯だったことが、ずっと気になっていました(._.)

で、毎日の電話をやめると切り出したのでした。

そのかわり、何か変わったことあったら連絡しますと伝えました。

もし、ハルが電話したい、と言った時は夕方に電話しますとも伝えました。

 

欠席連絡の有無を切り出すタイミング

毎日の電話連絡の件はずっと気にしていましたが、なかなか言い出せずにいました(^^;

なんとなくだけど、繋がりがなくなってしまうような…、学校から我が子の存在が薄れてしまうんじゃないか…とか。

私が毎日電話かける事で、学校側は息子の存在を忘れずにちゃんと動いてくれるような気がしていました。

 

実際はどうかは分かりませんが、少なくとも「○○君のお母さんから毎日8:15に電話かかって来る」と伝達されていたと思います(;´∀`)

 

学校への欠席連絡は親がやめたいときでいいんじゃないかと思っています。

行けるかいけないか分からない子どもの欠席連絡程、辛いものはありませんでしたが「今はわからないので、行ける時に電話します」と何度も言ったことがあります。(何百回かな…(^^;)

私の場合はやめるタイミングがよく分からず、かなり長い間電話をかけていました。

同じような不登校の子を持つママさんに聞くと、結構早い段階で電話連絡をするのをやめた方もいました。

 

先生に迷惑がかかるからと思っていたけど、逆に電話をやめたいと言った時「様子が分からなくなるので定期的に連絡します」とおっしゃってくれたので、ありがたかったです。(次男の先生です)

 

私も毎朝の電話に縛られることなく過ごせるようになったので、昨日電話連絡の事を切り出してよかった。

ウチの場合は2人の学校へ毎日7:35と8:15に電話。よく電話してたなー…(;´∀`)

この電話に毎日付き合ってくれた先生に感謝です。

 

結局、欠席連絡はいつやめるの?

お母さんが気が済むまで。

私はそれが一番だと思います。

毎日の欠席連絡が辛いと感じているなら、「行くときだけ連絡します」と伝えるだけで対応してくれました。

私は、どちらかと言うと学校との繋がりがなくなってしまうのが怖くてずっと電話していました。

今はようやく学校への連絡はまとめてでいいか…。と思えたのでやめました。

長く学校と関わっていることで、私が学校へ行くと、顔を見ただけで「あぁ、○○君ですね。先生呼ぶのでちょっと待っててくださいね~」と顔パスになりました(^^)

 

 

このブログを応援する

1日1回クリックだけで共感・応援できます

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連ブログを探す
>>ブログ村 不登校・ひきこもり育児

 

 

 


スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA