将来が心配。不登校でも勉強はやらせたほうがいいの?


こんにちは。

今日も息子のハルは家でゲームをして過ごしています。

最近は学校へあいさつしに行くことがだんだん少なくなってきました。先生と話すこともあまりしたくない様子です。

もちろん勉強なんてしていませんし、毎日出ている宿題もまったく手つかずのままです。

そんな息子の様子を見ていて、心配になるのがこのまま勉強しないで大丈夫なんだろうか?と毎日思ってしまいます。

不登校の子を持つ親ならば、このままでは勉強が追い付かなくなってしまうという焦りが付きまといます。

かと言って、当の本人は勉強する気はない(やろうとしていてもやる気が起きない)という状況です。親としては心配で仕方ありません。

ハルは6年の3学期から不登校になっていますが、6年の3学期は授業なんてまとめのようなものが多く、気にしなくても大丈夫でした。

でも、今は中学1年生。

新しい学校、新しい先生、新しいクラスメイト、新しい授業体制。すべてにおいて新しい生活が始まっています。

授業も1週間休んでしまったら追いつくのは大変なくらいのスピードで進みます。

そんな新しい生活が始まってからもうすぐ2ヶ月。

勉強はよほどの努力がないと同級生には追いつけれない所まで来ています。

勉強とは何なのか?どうしてしないといけないのか?将来の為??

そんな不安をこれからどうするのかを記事にしました。

 

このまま見守ろうと決めた

ゲーム以外には興味を示さないハル。

私の誘いには気のない返事ばかりです。

そんな中、こんなツイートに目が留まりました。

勉強をたくさんしたからと言って将来が幸せとは限らないという事。

逆を言うと、

勉強をしなくても、将来が不幸になるとは限らない。

勉強は大事だけど、必ずしも勉強がすべてじゃない。そう思えるツイートでした。

では、こんなパターンはどうだろう?

 

学校へ行っていても何もしていない場合もあり

学校へ行っていても、授業なんかそっちのけでただ座っているだけ(要はヤンチャな生徒)。

この場合だって、学校と言う場には行っているけど、勉強なんてしていません。

人との関わりはあるけど、勉強なんてものには興味がないわけです。

それでも皆が大人になり、勉強ができなくても力仕事で働いている人が大勢いるのも事実です。

この私だって、勉強をしていたから今の生活があるとは思っていません(^^;

取り敢えず、働くための履歴書で”高卒”という経歴は必要だという事くらいです。

 

大事なことは何ができるのか?という事

今目の前にいる我が子は、何ができるのか?

勉強ではなく、自信になるものを探してあげたいと思いました。

この、自信になるものを探すのが一番大変なんですけどね(^^;

 

 

 このブログを応援する


1日1回クリックだけで共感・応援できます

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA