洗濯物が嫌い!たたまない収納方法の工夫20選。これでもかと考えてみた

洗濯物をたたむのがめちゃくちゃ嫌いな私。

どうにか洗濯物を楽に収納する方法がないものか…

みんながやっているアイディアをこれでもかと調べてみました

もう、これ以上は見つからないって程、検索、検索、検索だーー!

自分流の洗濯物の仕舞い方を見つけたけど、やっぱりもっと楽にしたいと欲が出てきました(*´з`)

ちなみに、私が実践している洗濯物のズボラ収納術はやっと見つけた!ズボラ主婦の洗濯物をためずに収納する方法で解説してます。

実践的なものからこれはちょっと難しいかも…と言うものまで、とにかく、とにかくたくさん。

自分流の洗濯収納法が見つかることを願ってます(*^^*)

ハンガー作戦

ずいぶんメジャーになったハンガー作戦。

多くの洗濯畳みが苦手な主婦さんが実践している方法です。

ハンガーで干した洗濯はハンガーのままクローゼットへもっていく

かけるだけの収納なので、洗濯物をたたむ量が激減します。

私もこのハンガー作戦を実行しています(*^^*)

メリット

楽。とにかく楽です。

ハンガーをかけれる収納場所が近ければ近いほど時短&最強に楽。

デメリット

ハンガーにかけれない衣類は畳まないといけないという事。

靴下や下着類、タオルなんかもそうですね…。ハンガー収納だけですべて終わらないのが残念。

ハンガーも大量にいります(^^;

sponsored link

カゴ作戦

カゴを使って仕分けをしていく方法です。

それぞれの収納場所に分けたカゴにポイポイ洗濯物を入れて、収納場所まで運ぶ。

4人家族だったら4つかごを用意して人ごとに分けていきます。

カゴに入れたら、そのまま放置する→かごの中から服を着てもらうと言う方法も。

メリット

取り敢えずカゴに入れればOK!

あとは気が向いた時に収納場所までもっていくだけ。

ハンガーから外したあとの洗濯の山になることを防げるし、かわいいカゴなら見た目も気にならないですね。

デメリット

放置時間が長いとシワになる。

ちゃんとカゴの中を空にしないとどんどん衣類が積み重なってしまう。

場所をとるし、収納場所までの移動が面倒。結局畳まないといけない(^^;

畳み方を工夫する

一瞬で畳む方法を試す

たたむ作業を楽にしようという考えです。畳むのが時短になれば洗濯物の収納まで一気にできるでしょ?と言う感じですね…。

よくテレビでわースゴイと言っている畳み方です。中心をつまんでひねってポン見たいなヤツ。

何だありゃ、すごーーーっ|д゚)!

と食い入るように見てましたが、結局私は実践していません(^^;

たたむの事態が嫌いなんで。

一瞬で畳めるようになります。練習あるのみですが(^^;

メリット

キレイに素早く畳める。

たたむ時間が少なくて済む。

デメリット

そもそも、たたむのが嫌いな人には向いていない(^^;

たたんだ後の収納は依然と同じで仕分けなどの手間がある。

 

実際に本当に早く畳めるのか実験した記事があります参考になりますので合わせてどうぞ

【意外な結果】洗濯物の畳み方3パターン。どれが一番早く畳めるか実際に計測してみた!

2017.10.28

 

ジャンル事で干す

洗濯物を干す時点で畳む時の作業が決まって来るんだぞ!

知ってた!?って内容です。

バラバラでハンガーにかけて干してたら取り込んだ時もバラバラでたたんで収納までが大変。

洗濯を干すときに、収納の時のことを考えてジャンル別で干していくという方法

メリット

洗濯物を取り込んだ後の作業が楽。

仕分けをしなくてよくなる。

デメリット

干している時の仕分けが面倒。

うっかりジャンル分けを忘れる( ;∀;)

 

収納ボックスを工夫する

タンスとかクローゼットまで持っているのが面倒なんだ!

軽めの収納ボックスを置いて自分で使いやすいものに買い替える

引き出しじゃないやつがお勧め。

ハンガーラックがそばにあれば、そこにハンガーごと洗濯物をかければめっちゃ楽だよー(*´з`)

小物系はパカッとフタが開くタイプの収納ボックスが手間なく楽。

メリット

今の自分に合った収納方法ができる

収納場所を気軽に変えれる

デメリット

余分な費用が掛かる

部屋に新たな収納場所を置く余裕がないと難しい

sponsored link

収納場所の改造

究極ですが、これもありですね。

もし、収納場所を増設するのなら脱衣所か洗濯を干す場所の近くをお勧めします。

洗濯を取り込む→収納

までの動線が短けれ短いほど楽です。

メリット

今の自分にあった収納位置へ大まかな改善ができる

収納までの動線が楽になる

デメリット

大掛かり。

改造するので費用が掛かる。

 

畳みながら収納

畳みつつ収納する方法

全てが畳み終わった時には、収納も完了しているというスゴ技です。

向いている人は、収納場所が1か所にまとまっている家庭のみ。

部屋ごとに収納場所がある家庭ではできない方法です。

メリット

畳む→収納の作業を一括しているので収納作業が後回しにならない。

デメリット

畳まなきゃいけない。

収納場所がいっぱいある家庭ではできない。

一気に終わらせないと、洗濯物が残ったままになる

 

動線の見直し

洗濯物を干している場所と収納場所を見直す方法です。

洗濯物を干す場所から収納場所が遠くなるにつれて、洗濯物をしまうのが後回しになる可能性が高くなります。

できるだけ、洗濯物を干してある場所から近い場所に収納場所を設置できるようい工夫します。

いつも洗濯物の山になっている場所に収納場所を確保できれば、洗濯物の収納がスムーズになります。

メリット

自分が特に変わらなくても、収納場所を変えるだけで意識が変わる

余分に動かなくても済む

デメリット

収納場所を確保できる場所がない場合はできない方法。

sponsored link

裏になっている状態で洗わない

洗濯物を干すときは表で干しますか?裏向きで干しますか?

裏向きで干すメリットはあるけど、畳む時の作業が増えてしまうのが大問題!

畳む作業が嫌いなら、服を洗う前に表向きにしてから洗濯するようにします。

後の作業が楽になります。

特に、靴下は表向きにしてから洗う方が後の作業が楽。

ウチの場合は子供の靴下から砂が出てくるので、必ず洗う前に確認してます(^^;

メリット

畳む時の作業が楽になる。

乾いた服を裏返しにしなくて済む

デメリット

洗う前に服の裏表を確認しないといけない。

乾きが悪くなる衣類や色落ちしやすい衣類がある時が困る

 

洗濯ピンチの干し方を工夫

洗濯ピンチに干すときに、靴下を両方とも見つかりやすい場所に干す方法

畳む時に靴下の片方が見つからない…ってことを防ぐために、取り込む時に1足に揃えてしまおうというものです。

この他にも、洗濯ピンチに干すものはすべて簡単に畳むだけのものにするとかっていう工夫もできます。

メリット

取り込む時にどこに何があるかがすぐわかる

畳みながら取り込みたい人は楽。

デメリット

洗濯ピンチに干すときに仕分けをするのが面倒。

あっちこっち移動させて両足を揃えないといけない

 

洗濯の山を作らない

あたりまえだけど、洗濯の山問題。

普通に検索して出てきた内容なのでここにものっけて置きます(^^;

畳むのが嫌いな人ほど洗濯物の山ができやすいです

みんなこれが嫌だからどうにかしたいんだよねー(;´Д`)

メリット

部屋がきれいになる

すがすがしい(*´▽`*)

デメリット

洗濯の山を改善するのは洗濯を収納することなので、畳むのが嫌いな人は簡単に解決できない

改善にはいろんな工夫が必要

sponsored link

便利グッズを使う

物に頼っちゃおうって作戦です。

ハンガーラックや簡単な収納ボックス。自分に合うものをとことん探す。

メリット

自分に合うものがあればすぐに解決できる

やる気になる

デメリット

お金がかかる

自分に合う便利グッズに巡り合わない可能性がある

すぐ飽きる

関連記事>>「ズボラーネット体験談」主婦の洗濯を究極に楽にするための便利グッズ

機械にお願いする

あれです。アレッ!

全自動洗濯たたみ機「ランドロイド」!

ランドロイドの詳細

今はまだ企業向けの販売だけだけど、いつかは一般向けに販売される事を願ってます(´▽`)

メリット

何もしなくていい!

デメリット

値段が185万円。超高い!

大きい。

 

服の枚数を減らす

まじかー。と思った方法。

根本的に服が多すぎるから洗濯物の収納に困るんだ!って考えですね。

洗濯したタオルは畳まず、その日にまた使う。

服も洗濯した後、次の日にはすぐ着る。

収納しなくて、常に洗っているか使っているかの状態にするという究極な方法です。

断捨離して部屋の服の枚数を減らすのはとってもお勧めです。気持ちもスッキリ。

 

メリット

そもそも収納する服がない。

畳むものが最小限に抑えられる。

デメリット

いつも同じ格好になる。

枚数がたくさんいる時は困る。

関連記事>>断捨離で服を処分する方法!簡単な方法から高く売るコツ全部教えます

▼お得に服を処分したいなら
宅配買取ブランディアの友達紹介キャンペーンで現金1000円確実に貰う方法

下着とパジャマは脱衣所に収納

脱衣所収納の決定版。

私も下着とパジャマを脱衣所に収納することをお勧めします(*^^*)

多少シワになっても気にならない下着やパジャマは軽く畳んでポイっと収納するだけでOK。

収納場所=使う場所だから散らからない

メリット

お風呂に入る時に何も持たずに脱衣所で準備ができる。

収納場所と使う場所の位置関係が絶妙で全く不便を感じない。

デメリット

ある程度畳んで収納しなければいけない。

洗濯を干す場所から動線が長い場合があり。

sponsored link

そもそも外に干さない

びっくりですが、外に干さないという方法もあります。

外に干すから仕舞うのが大変だという考え。

家の中に干しておけば取り込まなくても問題ない。

メリット

ただ洗濯物を干すだけなので楽。

デメリット

洗濯物がなかなか乾かない。

生乾きになりやすい。

清潔感はない。

 

夜干して朝乾いたらその服を着る

これも、外に干さないに似ていますね(^^;)

夜のうちに乾かして、朝には服を着ているため、昼間は洗濯物は何もない状態にできる方法

風呂場の乾燥機やドラム式洗濯機の乾燥機を使えば可能ですね!

カラッカラに乾いたばかりの服をそのまま着れば、当然畳まなくていいですからね~(*´з`)

メリット

畳まなくていい

置いておけば、家族が勝手に服を着てくれる

デメリット

電気代・ガス代が半端ない

厚地の服の時は朝乾いていない場合もあり

 

見せる収納に挑戦する

ステキな収納ラックを買って見せる収納をする方法

ん?って感じですが、工夫次第で自分のモチベーションが上がるのでこの方法もありですね。

見せる収納にするためには、自分の収納のクセを見つけることが大事なので、いきなり実践はできない方法。

メリット

見た目がオシャレになる

収納が楽になる

デメリット

自分に合った方法を見つけるのが大変

一歩間違えると見せすぎた収納になる可能性があり

sponsored link

家事代行をお願いする

 

>>【家事代行サービスのキャットハンド】

自分でやらずに、お金で解決する方法

これができたらみんな悩まないけど、こういうサービスがあるのも事実。

洗濯物をたたむのは毎日の事なので、家事代行に毎回頼むのは難しい感じがします(^^;

なんとか自分でできる方法で、解決したい。

メリット

自分は何もしなくていい

デメリット

お金がかかる

家事代行を頼んでいないときは汚れたまま

宅配クリーニングサービスを利用する

  

>>【最大9ヶ月保管】安心のイオングループ/カジタクの保管付宅配クリーニング

これもお金はかかるけど、忙しくて洗濯ができないって人向け。

汚れた服を自宅からクリーニングに出せるから、お金に余裕がある人は利用してみてもいいかも。

メリット

ただ送るだけで「洗濯⇒干す⇒畳む」すべてやってもらえる。季節物の服は保管してもらえるので家の中がスッキリする。

デメリット

お金がかかる

洗濯の収納方法まとめ

洗濯畳むのが嫌いな人向けの収納方法を調べた結果でした!

これはないわ~(;´Д`)な物から、これはできるかも!っていうものまで。

自分で出来そうなことから始めるといいですよ(^^)

この記事で紹介した、洗濯物をたたむのが苦手な人ができそうな収納方法の工夫はこちら。

check
  • ハンガー作戦
  • カゴ作戦
  • 畳み方を工夫する
  • ジャンルごとで干す
  • 収納ボックスを工夫する
  • 収納場所の改造
  • 畳みながら収納
  • 動線の見直し
  • 裏になっている状態で洗わない
  • 洗濯物の山をつくらない
  • 便利グッズを使う
  • 機械にお願いする
  • 服の枚数を減らす
  • 下着とパジャマは脱衣所に収納
  • そもそも外に干さない
  • 夜干して朝乾いたら服を着る
  • 見せる収納をする
  • 家事代行をする
  • 宅配クリーニングサービスを利用する

 

コツとして、自分の生活リズムに合った方法を試すこと!これだけです。

無理に人がお勧めしている方法を試しても続きません。

私が実際にしている方法では、ハンガー作戦、カゴ作戦、脱衣所収納、便利グッズを組み合わせたものです。

できる事から始めれるといいですね(*^^*)

私が実践している方法です。
やっと見つけた!ズボラ主婦の洗濯物をためずに収納する方法

▼服の断捨離に興味があるならコチラの記事がおすすめ
ズボラ主婦が服の断捨離を実践。驚きの結果を大公開
【お得情報あり】やっと洋服の処分できた!宅配買取ブランディアを体験



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

りんこ

34歳の主婦。ズボラだけど素敵主婦を目指して日々情報発信しています。好きな言葉は「楽してキレイ」。手を抜けるところはとことん手を抜き、主婦として女性としてキレイであり続けたいと工夫をしています。私が日々体験した事などをメインに記事にしています。
>>詳しいプロフィールはこちら