初心者ママのミシンの選び方。入園準備の購入ではもう遅い!?

      2017/07/01

赤ちゃんとの生活が始まり、せっかくなら自分で赤ちゃんの物をハンドメイドしたい。

私もその一人で、せっかくならオリジナルの物を身につけさせたい。

自分で作るから素材なども安心。そう考えるようになっていました。

最初は手縫いで頑張って作ったりしていました。

でも、何だか素人さが出てしまい、人前で使うのが恥ずかしくて、結局家で使っていたことがほとんどでした(^^;

ミシンを買うほどでもないかな…。手縫いの良さもあるし。

でもね。

私自身そこまでの技術はなく、家庭科の延長程度の出来栄え…。

手縫いは時間がかかることもあり、入園前に思い切ってミシンを買う事にしました。

でも、入園直前の購入では遅すぎたんです(;´Д`)

そんな私の実体験を踏まえて、ミシン選びのポイントやお勧めするミシンを記載していきます。

sponsored link

ミシンの必要性

ミシンってどういう時に必要だと感じますか?

 Check

・衣類の補正

・趣味

・入園準備

たぶん、この3つのどれかに当てはまる人がミシンの購入を考えているのではないでしょうか?

 

特に、ミシンの購入理由で多いのは「入園準備のため」。

でもね、入園準備のために購入する場合、以下のことに気を付けてください。

私の体験も踏まえて特に伝えたい事です(*’ω’*)

・ミシンを使うのは学校の家庭科の時以来だ

・手先が器用だから何とかなると思っている

・入園1か月前くらいから作れば大丈夫だろう

上の項目はすべて私の実体験で考えていたことです(^^;

 

かなり危険な考えだと思ってください!

ミシン初心者には予想以上に難しい作業だと思って欲しいです!

どうか間違わないでほしいのは、

ミシンの購入サイトで、「初心者でも簡単!」というのは機械操作のことを言っています

ミシンを使う技術がなくても、キレイに完成するという事ではありません(゚д゚)!

私はこれで苦労していますので強く言わせていただきました(^^;

 

ミシンが上手になるためには

ミシンが上手になるにはたった一つです。

たくさんミシンを使う事!

これだけです(`・ω・´)

・ミシン操作に慣れる

・まっすぐに縫う

・返し縫いのタイミング

・カーブの縫い方のコツ

はっきり言って、1日や2日で上達する内容ではありません。

本当に器用な方はすぐに使いこなせるかもしれませんが、ごく一部でしょう…(^^;

入園準備で子供に手作りの物を持たせてあげたいのなら、自分自身がミシンを使える準備をしておくことがとても重要です。

 

家庭用ミシンの種類

 

実は家庭用で販売されているミシンには種類があります。

 

コンピューターミシン(刺繍ミシン)


ミシンの糸の調子や針の動きなどすべてをコンピュータで制御しています

刺繍をすることができる機能がついているミシンも。初心者から上級者まで幅広く人気があるミシンといってもいいでしょう。

高機能と言うだけあって、値段は電子ミシンや電動ミシンに比べて高価なものが多いですね…(^^;

見た目の特徴としてはミシン本体に液晶画面がついているのですぐにわかります。

 

電子ミシン

針の操作や糸調子、停止位置などすべてを電子回路で制御しているミシンです。

ゆっくりとした速度でも厚みのあるものを縫えます。

見た目や操作がとてもシンプルで、最低限の機能があればいいという人向け。見た目が電動ミシンと似ているので購入するときに注意が必要です。

ちなみに、私のミシンはこの電子ミシンです(^^♪

ミシンで一番重要なのは、基本的な操作が手間なくできることです。

刺繍がしたいや初心者でも糸調子が楽な方がいいなど特別な希望がなければ、電子ミシンを選ぶとよいでしょう。

 

電動ミシン

 

電源から直接モーターへ電気を送って動かすのが電動ミシン

昔からあるタイプで、糸の調節や針の上下の停止位置などの設定を自分でする必要があるので、ちょっと手間。

スピードがないと厚みのあるものが縫えないので初心者は電子ミシンやコンピュータミシンが使いやすいです。

ただし、電動ミシンはコンピュータミシンや電子ミシンと比べて安価なため、まだまだ需要があります。ちょっとした縫物をしたいのなら十分です。

 

ミシンの選びのポイント

 

ミシンで何がしたいのかで、購入する種類が変わってきます。

高機能なに目が行きがちですが、本当にその機能を使う事があるのかしっかりと見極めてください

得にコンピュータミシンはとても魅力的なミシンです。

子供の名前を刺繍できたり、キャラクターのミシンを買えば、好きなキャラクターの刺繍を勝手に縫ってくれたり…。夢みたいな機能がついているものもあります( *´艸`)

でも、本当に必要なの??

子どもの名前やキャラクターの刺繍は、手芸店でワッペンを買ってアイロンで張り付ければ済みます。

わざわざ刺繍の為に高価なミシンを購入する意味もあまりないような気がします(^^;

一時的な入園準備と言う考えのなら、多機能なミシンはもったいないかな。

 

高機能のものを買えば安心は注意!?

何を選んでいいかわからないから、取り敢えず高機能のミシンを買おう!!

それだけはやめてくださいね!

「高機能=自分に合っている」

これはちょっと違います(-“-)

これから自分がそのミシンで何をしたいのかを考えてみてください。

趣味として洋服や小物作りをやりたいのなら、高機能なミシンでも十分使いこなすことができるようになります。

入園準備や小学校の手提げ類を縫うだけなら高価なものは必要ないですね。

 

何も分からない初心者はコンピュータミシン一択

 

コンピュータミシンには初心者が扱いやすいものもあります。

ミシンの設定が不安なら初心者向けのコンピュータミシンが一番

先ほど私が使っているのは電子ミシンと言っていましたが、糸調節が必要な時が度々ありました。

不便を感じたことはありませんが、何もわからない初心者にはちょっとお勧めできないかも(*’ω’*)。

 

それでは実際にどのようなミシンがあるのか見ていきましょう。

 

シンプルな電子ミシン

電子ミシンは縫う事に特化したミシンです。

ミシンを使う機会が少ないのなら電子ミシンで十分。ある程度自分で出来る人向け

わざわざ高価なミシンを用意する必要はありませんよ(`・ω・´)

私も電子ミシン派です(*^^*)

ただし、糸の調節に不安を感じているのなら、やっぱりコンピュータミシンしかないかな。

 

シンプル機能のブラザー電子ミシン

私が使っているのはこのタイプです。縫う事に関してはなんも問題なく使えます。値段もかなりお手頃な為、ミシンを使う機会が少ないのなら十分です。

ミシンで有名なジャノメミシン

ミシンで昔から有名なジャノメミシン。シンプルで基本的な機能は申し分なく、厚みのある生地も大丈夫!

多機能コンピュータミシン

コンピュータミシンは糸調子や針の位置や速さなどすべて自動で制御してくれます

そのため、初心者から上級者まで幅広く選ばれてるミシンです。

刺繍などの細かな装飾が得意としたデザイン性の高いミシンがあるのも特徴です。

何から何まで自動。刺繍もできる高機能ミシン

大きなタッチパネルが特徴のブラザーのコンピュータミシン。糸の調節や、返し縫、糸通し、糸切りなど何から何まで自動でやってくれます( *´艸`)

刺繍もできて、使い方の説明も液晶画面で表示してくれます。

完全に主婦の憧れ的なミシン。

高評価な初心者向けコンピュータミシン

 

 評価や値段も申し分なく、迷っているならこのミシン

刺繍機能がないタイプのコンピュータミシン。購入者のレビューも★4.5と高評価。どのレビューも満足度の高いものばかりでした。ハードケース・ワイドテーブルがあるのも嬉しいですね(*´▽`*)

説明書を見なくても簡単に操作できるので、ミシン初心者にとてもやさしい設計です。

厚地もらくらく縫えるという評価も多数確認しています。

 

 電動ミシン

無駄な機能が一切ない、昔ながらのミシンです。まだまだ需要のあるミシン。

超シンプルミシン。基本の設定が苦じゃないなら電動ミシン

 

値段も安く、昔ながらの電動ミシン。フットコントローラでスピード調節をしていくタイプ。上級者向けな印象ですが、手縫いの延長と考えて使うのなら縫製するのに十分な機能がそろっています

sponsored link

まとめ

ミシンは子供が入園する時に買おうと思う人が多いです。

でも、私がお勧めするのは出産後。

ある程度落ち着いてきたら、ミシンの購入を考えてみるのが最適な時期かと思います。

入園準備前にミシンを使えるようにしておく事は、とてもメリットがありますよ(*^^*)

今は赤ちゃんのグッズも手作りする人も増えています。

入園する時でいいやと言わずに、自分の為、子供の為にミシンの購入を考えてみてはいかがでしょうか?

今後の参考にしてくれたらうれしいです。

 - 母乳・育児, 母乳パッド作り方, 生活, 育児, 育児の悩み