宅配買取トレファクスタイルの申し込み方法を解説

いらない衣類や洋服をスッキリさせたい。そんな時にお勧めできる宅配買取サービスの「トレファクスタイル」。

この記事は申し込み方法から買取手順まで分かりやすく解説します。

公式サイト:
トレファクスタイル宅配買取

トレファクスタイルの申し込み方法

一緒に申し込みをしていくとスムーズなので、まずは別窓でトレファクスタイルの申し込みページを開いてください。

▼申し込みページを別窓で開く

開きましたか?

スマホなら下のような画面になります。

「新規お申し込みフォーム」を押す。

 

  1. ダンボールの個数を選択します。
    ※現在は個数制限がされていて1箱のみの集荷となっています。
  2. 郵便番号を入力
    ※沖縄県・離島からの申し込みも現在は受付していません。

「集荷先を入力する」を押す。

 

 

▼申し込みの入力をする

  1. 集荷してもらう住所の入力
  2. 集荷希望日
  3. 名前、職業、電話番号、メールアドレス、パスワードの入力

「入力内容を確認する」を押す。

 

 

▼申し込み内容の確認をする

申し込みに関して内容を確認して、「同意して申し込む」を押す。

 

トレファクスタイルに申し込みが済んだら荷物の準備をする

この後、申し込みの時に指定した集荷日時にクロネコヤマトが荷物の集荷に来ます。

トレファクスタイルの利用は10点以上を査定に出す必要があります。

注意

査定に出ししたものが1点も買い取りできな買った場合は返送料が発生してしまいます。

あまりにも状態のひどい服やリユースしても売れない服ばかり入れて送るのは損なので、ここだけ気を付けてください(>_<)

指定した日までに査定してもらうものを1つのダンボール(縦、横、奥行きの三辺計160cm以内)にまとめて梱包します。

▼本人確認書類のコピーを入れ、梱包します。

指定した集荷まで待機。

着払い伝票はクロネコヤマトが用意してくれているのでこちらで用意しなくてもOKです!

自分の住所もすでに入力してあったので楽ちんでした(*’ω’*)

集荷がおわると、あとはトレファクスタイルから査定結果を待つだけです。

混みあっている時は1週間から2週間くらいかかるみたいなので気長に待ちます。

トレファクスタイルから査定結果がメールで送られてくる

メールに添付されていたリンクから査定結果が確認できます。

基本的にはノーブランドは値段がつかない事が多い中、まあまあの査定額でした。

捨ててしまう事を考えれば、ただ送るだけで900円もの値段が付いたのはかなり嬉しいです(*´ω`*)

買い取ってもらえなかった服もリサイクルで使用してもらえるなら、寄付と同じだし、全然ありだなって感じました。

▼振込先の入力をして

▼振込依頼の最終確認をする

▼完了

これでトレファクスタイルの申し込みから買取完了までが終わりました(^^)

他の宅配買取を利用したことがあるからわかるんですが、トレファクスタイルの申し込みから査定、振込までかなり楽です。

申し込み時点から集荷依頼をできるので時短になっているのと、最初から振込先を入力しなくてもいい点など。

入力項目が少なく、初めて利用する人にとって使いやすい宅配買取サービスですね。

服が大量にありすぎて細かな仕分けするのも面倒な場合は利用してみてはどうでしょうか(^^)

補足

現在は送れる箱が1箱になっているので、状態の悪いと感じるものは入れないようにした方が査定額が増えて損しないです。汚れているものが入っているとやっぱり印象はよくないですから…(^^;)

できるだけ査定してくれる人にも好印象になる衣類を送るのが、宅配買取で高値で買い取ってもらうコツです。

 

▼無料で利用する

ノーブランド買い取りはいつ終了するか分からないので申し込みはお早めに

 

関連記事
>>断捨離で服を処分する方法!簡単で無料な方法&高く売るコツ
>>フクサポって怪しいの?古着の寄付が無料かどうか体験してみた



1円でも節約したいなら
楽天カード

楽天で買い物する前に登録・申し込みでもっとお得にお買い物ができます!もらったポイントのおかげで節約できちゃうから節約志向の人に特に選ばれています。
本人確認書類はカード受け取り時の確認だけOK!
審査に通りにくい主婦にも人気のクレジットカードです。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

りんこ

34歳の主婦。ズボラだけど素敵主婦を目指して日々情報発信しています。好きな言葉は「楽してキレイ」。手を抜けるところはとことん手を抜き、主婦として女性としてキレイであり続けたいと工夫をしています。私が日々体験した事などをメインに記事にしています。
>>詳しいプロフィールはこちら