フルリで毛穴クレンジングの効果【やってはいけないNG洗顔】

毛穴に悩み、もうこれで最後にしたい。

そんな気持ちでフルリに出会いました。

毛穴クレンジングの中でもフルリが特にいいなと思ったのは、他のクレンジングにはない実績にひかれたからです。

初めて使うスキンケアで信用できる部分は人の口コミや評判もそうですが、商品そのものの実績だと私は思っています。

公表しているフルリの実績は間違いなく他のクレンジングよりも信頼できるものでした

フルリ公式サイトで実績を確認する
>>毛穴対策クレンジング【フルリ クリアゲルクレンズ】

毛穴に悩むからこそクレンジングは丁寧に使う

フルリのロゴの写真

私は毛穴に悩み過ぎで、自分では気づかない内にゴシゴシ洗顔をしていた過去があります。

自分ではそこまでゴシゴシしているつもりはなかったんですが、一刻も早く効果を実感したいと言う思いが強くて、何回もクルクルしたり、強めにこすっていました。

毛穴なクレンジングを本格的に探し始めてからは、

こすらない優しい洗顔

がとても大事だと気づかされたのです。

その中でもフルリは徹底的に肌に優しいクレンジングです。

クレンジングによる肌のツッパリやごわつきすらも感じさないほど洗い上がりはなめらか。

フルリのふたを開けている写真 フルリの正しい使用量

ジェル状のクレンジングは肌と手指の間のクッションのような役割になっていて、やさしくメイクを落とす事ができます。

フルリの正しい使い方

フルリの外装

フルリを使う時に特に注意してほしいのは、使用量をケチらないという事です!

もったいないと思う気持ちはすごーーくわかります。

でも、使用量を少なくすると肌と指との間に摩擦が生まれ、優しくクレンジング出来なくなってしまいます。

毛穴に悩んでいるからこそ、使用量を守り正しい使い方をマスターすることがつるすべ肌に生まれ変わるためのポイントです。

使用量はマスカット大

フルリを肌に載せる

柔らかめのジェルなので、マスカットの様にこんもり出せませんが、手のひらに出した印象は結構多めに使うんだなって感じました。上から見たら500円玉くらい。

香りは無香料で色も透明です。

フルリでメイク落とし実践

ちなみに使用量をケチるとどうなるかと言うと、顔全体へなじませた時に手と顔がかなり強めにこすれてしまいます。

(実際にケチってグリグリクレンジングしていたので違いがよく分かります)

クレンジングでクルクルすると、ほっぺたが上下左右に動く感じ。ほっぺたが動いていると感じたら使用量が少ないので、多めを意識してください。

優しくが大事!

なじませながら優しくクルクルする

腕にメイクをした画像

普段のメイクを再現した肌でフルリで優しくクレンジングをしていきます。

最初は全体的になじませます。

フルリでクレンジングの効果を確認する フルリで優しくクレンジング フルリで優しくクレンジング。アイライナーが落ちにくい

アイライナーは落ちにくいけれど、あせらずクレンジングしていきます。

摩擦を感じるなら途中でクレンジングを付け足してクルクルします。

基本的にアイライナーはどのクレンジングでも落ちにくいです。そのためアイライナー部分をこすらないようにクレンジングしていきました。

すすぎはぬるま湯で30回以上が目安

ぬるま湯で少し冷たいと感じるくらいの温度(32℃~34℃)が目安です。ゴシゴシこすらず、やさしく包み込むように流していきます。

フルリを洗い流す フルリを洗い流すとあわあわになる

洗い流す時に、泡立つ感じがあります。

何度も洗い流していると、泡立ちがおさまるので泡立たなくなるころ(およそ30回以上)を目安にクレンジングを流していきます

フルリを洗い流したあとの肌

洗い流した後はしっとりしてさっぱりもしています。

フルリで透明感を感じた肌

あとは、もっちりもしているかも!

画像でもわかるけど、透明感も増している気がする!

スペシャルクレンジング方法の解説付きが嬉しい

通常のクレンジングの方法よりも効果が実感できるフルリの使い方が冊子に書かれていました。

写真付きで丁寧に書いてあります。

このスペシャルクレンジングのポイントは

ポイント
  1. 優しくクルクル
  2. クレンジングのし忘れをなくす事が大事
  3. フルリのクレンジングパックでしっかり肌になじませる

この3つが特に大切です!

毛穴に悩んでいる人は朝と夕両方使ってもOK

フルリの外装と植物とタオル

クレンジングなので、メイクをしている時にしか使えないと思っていました。

でも、フルリは朝の洗顔と夜のメイク落としで使う事ができます。フルリの美容担当者さんに確認していますので、安心して朝と夜で使ってください(^^)

朝にフルリを使ってみた感想

フルリのキャップ部分

フルリは泡立たせる必要がないので、朝の忙しい時間に最適でした!

使い心地ももちろんよかったのですが、時短になっている事の方がメリットが大きかった。

朝の洗顔時で使用する時はクルクルは極力せず、フルリをなじませる程度でOK

朝の洗顔でフルリを取り入れてから、なんとなくだけどメイクのノリもよくなっています(^^)

フルリを使っていて残念なこと

フルリのが外装と植物

使っていて不便をまったく感じてはいないんですが…

あえて言うなら

郵便で商品案内がたくさんに届いたこと(^^;)

1週間に1回のペースでした。

 

ちょっと届きすぎて「うーーん…」って感じてしまいました。

正直、ここまで届いたのはフリルが初めてです。

まぁ、興味がなければそのままにしておけばいいので害はないですが…。

気になる人はいるかな~と。

 

でもね、

 

公式サイトでは書いていないお得な情報が書いてあるので、毛嫌いせずに中身を確認してみてください。

私はあまりのお得さにダイレクトメールの商品紹介を見て、追加で注文しちゃいました

フルリの美容担当者さんと直接話してわかったこと

フルリのロゴを強調した写真

実はフルリの美容担当者さんと直接話をする機会がありました。

フルリを購入してから、2週間~3週間くらいたったある日、フルリから電話があったんです。

最初は営業電話で面倒だな…って思っていたんだけど、この電話の美容担当者さんがとてもいい方でフルリの正しい使い方や、おすすめな方法などとても丁寧に教えてくれました。

で、

一番印象に残っている言葉が、

やさしくなじませてからクルクルしてくださいね

毛穴に悩んでいる人ほど強くクルクルしちゃうんですよね~

これを聞いた時は、「っは!!!」

ってなりました。

自分が気づいていないだけで、指に力が入っていたんじゃないかってね。

この電話がきっけけで、クレンジングの時は特に意識して毛穴に触れないようにクレンジングしています。

その結果、鼻の先端はツヤが出てきています

フルリは敏感肌で悩んでいる人も使える

フルリの成分表

フルリの特徴で、クレンジングの成分が敏感肌でも使えるようにと12項目が無添加

フルリの12の無添加
  • オイル
  • アルコール
  • 着色料
  • パラベン
  • フェノキシエタノール
  • 石油系界面活性剤
  • 合成香料
  • 旧表示指定成分
  • 酸化防止剤
  • 鉱物油
  • 紫外線吸収剤
  • 防腐剤

無添加の多さにもびっくり。

フルリの特長と実績はお墨付き

フルリの透明の箱 フルリの見た目 フルリはメイドインジャパン

特長や実績がとにかく魅力的なのもフルリが選ばれているポイントです。

  • 全27項目にのぼる臨床試験で毛穴の汚れ・皮脂・キメなど「毛穴の有用性」を検証し、データを取得
  • 医学誌に掲載された実績あり
  • 日本再生医学会の認定を取得
  • モンドセレクション最高金賞4年連続取得
  • 2014年上半期ベストビューティーアワード受賞
  • @cosmeクレンジングジェル部門1位
  • 楽天ランキング3項目で1位獲得
  • 様々な雑誌でも掲載実績

私は今までいろんなクレンジングを探して使ってきましたが、ここまで実績があるクレンジングは本当に見たことないです。

それほど実績は申し分ない優れたクレンジングだと言えます。

フルリの体験レビューまとめ

フルリのロゴが写った写真

いろんなクレンジングがある中で、フルリはとにかく使いやすいクレンジングでした。

本気でケアをはじめたいと思っているなら、フルリから始めて見る価値はあります。

私がフルリを使って感じた事は、

  • 短期間では効果を実感できない
  • 1回目購入後のダイレクトメールが多い
  • 電話のお姉さんが優しかった
  • 2回目以降も使ってもっと効果を実感したい
  • とにかく使いやすいクレンジング
  • 朝と夜使えるのがよかった
  • 肌の透明感を感じれた
  • 毛穴のゴワゴワが少なくなった
  • 鼻の先端部分の肌がツルっと光沢が出るようになった

フルリを一言で言うと、

癖がなく、使いやすい

使い始める時の不安はなく、安心して使えるクレンジングでした。

フルリ公式サイト:
初回ご購入割引【フルリ クリアゲルクレンズ】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

りんこ

34歳の主婦。ズボラだけど素敵主婦を目指して日々情報発信しています。好きな言葉は「楽してキレイ」。手を抜けるところはとことん手を抜き、主婦として女性としてキレイであり続けたいと工夫をしています。私が日々体験した事などをメインに記事にしています。
>>詳しいプロフィールはこちら