手土産で買った幸ふくの団子がおいしそうだったので自分用も欲しくなった

今日もこんにちは。ももりすです(^^)

手土産や贈答用として何かお菓子を買う事って何度もあると思います。

私も何度もそう言ったお菓子を買ってきたわけです。

その中で、自分用じゃなくて贈答として買ったお団子の味がどうしても気になっていました。

美味しそうなお団子なのに、自分は食べてないわけで…。

美味しそうなわけで…。

贈った人に「美味しかったよー、ありがとう!」と言ってもらうけど、本当はどうだったの?

と思っていました。

で、

また別の人にあげるお菓子を探していた時、あの団子を買おうとなりました!

これは、チャンスと思って、自分用もついでに注文(*´▽`*)

ふふふ~(´艸`*)

sponsored link

幸ふく お団子は贈答用に最適!

幸ふくの団子10本入り

バラエティー豊かな団子が10本入っています。

全部違う味です。

そうなんです。

贈答用として選ぶポイントとして、10種類と言う種類の多さがものすごく魅力的でした。

一つずつ丁寧にフィルムされているので、食べやすい。

団子好きにはたまらないセットなんですよ。

幸ふく団子包装された状態

そんなわけで、今回で2回目の注文となりました。

今回注文したのは、

  • 10種類20本入り×3
  • 10種類10本入り×1

です。

自分用なのは10種類10本入りのもの。

他の団子はみな貰われていく運命なので、開ける事もできません( ;∀;)

 

団子が冷凍で届く

幸ふく団子が届いた様子

全部で4箱あるので、まあまあなダンボールで届きました。

ずっしり重たいです。

幸ふく団子の箱を開ける

包装しに包まれて、すぐに贈答品として持って行けれる状態で届きました。

幸ふく団子 中身を出す

ご丁寧に手書きのお手紙と、贈答用の紙袋までサービスで付いていました!

紙袋頂戴~って言っていないのに、入っていたので嬉しかったです(*´▽`*)

幸ふく団子の紙袋がサービスされていた

4箱注文したので4枚の紙袋が入っていました。

で、我が家用の10本入りの団子はコチラです。

幸ふくの団子10本入り

届いてからすぐに開けたので、全部凍っています(^^;

ここから解凍するまで待ちぼうけ。

団子が解凍されるまで3時間

幸ふく団子の解凍するまで

団子が解凍されるまでおよそ3時間。

冷蔵庫に入れずに解凍します。

幸ふく団子が解凍できた様子

ごめんなさい、写真を撮ろうと持ったら、解凍と同時に食いしん坊な息子たちに食べられてしまいました…(;´∀`)

2本ない状態の団子たちです。

長男に団子の感想を聞いたら、「美味しい!」と言うだけ(;´∀`)

と言いつつ何本か食べていたので、本当に美味しかったんだと思います。

次男は甘いのが嫌いなので、取り敢えず食べてみたよ~みたいな感じ(^^;

で、最終的に私が食べれたのは栗の団子。

大きさは手のひらより小さい感じです。

団子としては一粒は大きいかな。

栗あんはあんの中に小さな栗の果肉が混ざっていて高級感がありました。

おもちも、冷凍だったとは思えないほどもっちりしていておいしかったです。

甘さはまあまああるので、緑茶がものすごく飲みたくなる感じかな。

茶菓子としては最高です

お茶、団子、お茶、団子。美味しかった(^^♪

結局、私が食べれたのは栗あん1本と紫芋の1欠片でした。

それでも、とっても美味しくいただけました。

自分用としてはちょっとお高い値段ですが、贈答用や手土産にはちょうど良い量と値段かなと思います。

値段は1本あたり150円程度です。

なので、10本で1500円。

冷凍で届くので、今すぐに食べない場合は冷凍庫で保存も可能

1つずつ梱包されているので、食べたい分だけ解凍することもできます

賞味期限も冷凍でおよそ1か月と長めでした。

まとめ

贈答用や手土産として重宝されること間違いないお団子。

値段的にはちょっと高いですが、美味しく食べれたので満足です(^^♪

送られてきた内容も包装されていたり、紙袋が入っていたりとお店自体も贈答用という事を意識しているようでした。

何を買おうか迷ったら選択肢としてあり。

たぶん、これからもちょこちょこ購入すると思います。

 

Sponsored Link

おすすめ一覧



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ももりす

34歳の主婦。ズボラだけど素敵主婦を目指して日々情報発信しています。好きな言葉は「楽してキレイ」。手を抜けるところはとことん手を抜き、主婦として女性としてキレイであり続けたいと工夫をしています。私が日々体験した事などをメインに記事にしています。
>>詳しいプロフィールはこちら